読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエット中の食事のバランスや摂取時間はダイエット効果に関係あり

ダイエットしている人は食事のバランス 量 栄養素などを真っ先に考える人が多いと思います。昔の人は一汁一菜と食事のバランスがお米、お魚、お漬物、お味噌汁という基本的なスタイルでした。今日まで現在の食生活は輸入食品が増え、ファストフードなどで手軽に済ませられる時代になりました。これがきっかけで健康状態や肥満などの数が少なからず増えています。

栄養素などのバランスを整えるのも大事ですが実は太る原因は食事を摂る時間にも影響があります。例えば、朝に何も食べず、昼の1時過ぎにお昼を食べ、夜の9時に晩御飯を摂ります。次の日では朝ごはんを軽く摂り、お昼は食べず、夜の12時頃に食事を終えました。

人間の身体は体内時計がありその時間に合わせて日々変化しています。食事を取る時間がバラバラだと脂肪の吸収率が上がり、大変太りやすくなってしまうことがわかっています。特に夜の12時を回った後の食事は非常に脂肪の吸収率が高いため間違いなく太ってしまいます。

食事を行う場合は食べる時間帯をスケジュールしてその時間帯に摂るようにするとダイエットとしても効果があります。

食事から次の食事までの間隔は4時間が理想!昼食から夕食までの間は軽めの間食をすると良いです。ただしガッツリ食べてしまうのはNGです。

朝 昼 間食(軽め) 夕の3食をきっちり摂るように心がけましょう。また3食ともガッツリ食べるのは太る原因になりますので、脂肪の吸収率が一番低い朝はしっかりと食べ、昼は朝よりも少し控えめに 脂肪の吸収率が高い夜は控えめとすると尚ダイエット効果が高まります。